中古住宅評価額

中古住宅の不動産売買にかかる税金について質問です。 以前、新築マンションを購入…
中古住宅の不動産売買にかかる税金について質問です。 以前、新築マンションを購入して、6年後に売却したときには購入時価格と売却価格を比較すると、600万円のマイナスでした。 その時は売却時の年度で確定申告をして600万円の所得減となり、結果として所得税がほとんどかかりませんでした。そのため、600万円のマイナスとなりましたが、結果として所得税が戻ってきて、少しは助かりました。 このように新築物件を購入して売却した場合は益がでたか損がでたががわかりやすいと思いますが、一軒家の中古住宅の場合はどうなるのでしょうか? 例えば築30年の中古一戸建てを2000万円で購入して、10年後に1500万円で売却したとすると、500万円の損になりますが、その時の税金の考え方はどうなるのでしょうか? 建物は価値がなくなっていくため、単純計算ならば500万円のマイナスですが、減価償却を考えると計算上譲渡益が出て譲渡益に対する税金を納付しなければいけなくなる場合もあると思うのですが、考え方はどのように考えればよいのでしょうか? 固定資産税の土地分と建物分の課税標準価格から按分するという考え方もあるような気がするのですが。 詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。(続きを読む)

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):ブランジスタ、LINE、ブレーキ
【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):ブランジスタ、LINE、ブレーキ  株探ニュースFull coverage(続きを読む)

福井 不動産 買取